Friday, February 24 2017

心をつかむ“レトロ”の足しかた /NISSAN FAIRLADY Z Z33

どの角度から見てもすごいのですが、特にこのZを語るうえで斜め後ろからの雄姿を見過ごすことはできません。シャシーに直接取り付けるタイプの大きなウィングはアメリカのメーカー Battle Aero のもの。ロケバニ(Rocket Bunny)のエアロと相性バツグンです。

ウィングを支えているクロス部分はもともとワイヤーだったそうですが、あまりにもサイズが大きいので走っているうちに緩んで横揺れしたため、オーナーの雷丸さんがしっかり固定できるステーに変えました。このままではトランクが開かないので、都度ウィングを少し動かして(倒して)使っているのだそうです。

「外せるものはとにかく外した」と内張りを撤去。雷丸さん曰く「乗り心地がいいとは言えない」ですが、ナビシートでは彼女さんの寝顔が見られるとのこと。クセになる空間です。

古き良き日本の旧車をコンセプトに、フェンダーミラーやホーン、オイルクーラーなど懐かしいパーツがたくさん。流行のスタイルと昔のクルマ文化の組み合わせで唯一無二に。

これまでは軽カーやバン、アメ車などを乗り継いできましたが、スポーツカーに乗りたくてノーマルのZを購入し、2年でここまでつくりました。オーバーフェンダーしばりのチームでイベントやオフに出かけるのも楽しみのひとつ。「今はやりたいことを全部やる!」と攻めのカーライフを送っています。

取材メモ

浜松から撮影地の東京へわざわざお越しいただきました。しかもうなぎパイのお土産つき!ありがとうございます。実はこの記事の写真の中にうなぎパイステッカーがありますので探してみてくださいね。

MAKERニッサン
MODELフェアレディZ
TYPEZ33
COLOR水色
WHEELワーク マイスター M1 F:12J R:13J
TIREADVAN A050
ENGINEカルソニック コンピューター
EXTERIORロケバニ エアロキット、バトルエアロ ウィング

SHARE

TOP
×
CHANGE LANGUAGE