Tuesday, May 09 2017

2012 ニュル24時間 SP3Tクラス優勝 レプリカカー /SUBARU IMPREZA WRX STi GVB

これまでにWRCのレプリカカーを4台乗り継いできたというベテランオーナーの大槻真吾さん。5台目となるこのインプレッサを購入したときにはノーマルを楽しむつもりだったのですが「不満が出てきてしまい、気がつけばちょこちょこイジリ始めてしまいました…」と結局はレプリカの世界にどっぷり浸かっています。

デカールは友人にお願いしてデータを起こしてもらい、ご自身で手掛けた作品。

オモチャも全部レプリカに。この日も子どもたちにたくさん指をさされ、クルマと共に大人気でした。

大槻さんも所属するスバルレプリカオーナーズクラブには20人ほどのメンバーがいて、イベントやオフ会で並べたり、聖地巡礼ツーリング(例えば東京三鷹のSTiなど)を楽しんだりするそう。1台でもすごいのに、20台もいたらすごい迫力になるでしょうね。

レプリカの魅力は目立つことと“その気”にさせてくれること。眺めるだけでもレースの光景が蘇るような完成度に、オーナーならずとも足を止めてしまうのでした。

取材メモ①
東京お台場で開催されたモータースポーツジャパンのレプリカカー展示イベントで取材をさせていただきました。ラリーが多数派ながらニュルも4台並び、年式や仕様の細かな違いを楽しめました。

取材メモ②
乗り継いできたインプレッサは、1999年モンテカルロのバーンズ仕様、2004年モンテカルロ、2005年モンテカルロとレプリカを愛してやまない大槻さん。

2012年ニュルブルクリンク24時間耐久レース SP3Tクラス優勝車
SP3Tは1,600ccから2,000ccまでのターボ車のクラス。ドライバーは、吉田寿博、佐々木孝太、カルロ・ヴァン・ダム(オランダ)、マルセル・エンゲルス(ドイツ)。24時間で136周(3451.4km)を走破し、2011年に続き連覇を果たしました。

MAKERスバル
MODELインプレッサ WRX STi
TYPEGVB
YEAR2010
COLORブルー
WHEELレイズ グラムライツ 57 エクストリーム 8.5J
TIREダンロップ ディレッツァZⅡスタースペック 245/40R18
SUSPENSIONブリッツ ZZ-R
ENGINEブリッツ エアクリ
INTERIORモモ ステアリング モデル08、レカロ SR6
EXTERIORラ・アンスポーツ カーボンルーフシェル
OTHERS2012年 ドイツ ニュルブルクリンク24時間耐久レース SP3Tクラス優勝車

SHARE

TOP
×
CHANGE LANGUAGE