Tuesday, May 23 2017

ここまでできる 純正エアロの活かしかた /NISSAN SKYLINE HCR32

ドリドレ走の会場で、低さ際立つR32に出会いました。このクルマに9年ほど乗っているというオーナーの三村 与(みむら あと)さん、R32歴としては2台目、約12年になるそうです。カラーリングはクラウン純正のダークグリーンマイカ、Rルックにしている他は純正エアロで仕上げているとのことで…文字にしてしまうと実物の“存在感”を表現できないのが悔しいかぎり。

外装はもちろんですが、三村さんが特に気に入っているのは「運転席に座ったときに見えるメーター回りなどの風景」。ごくシンプルにまとめられていて、低い位置から見渡す景色が一段と際立ちそうです。

この撮影をしていたまさにそのとき、実はドラブルの対処に追われていました。三村さんに後日確認したところ「オイルクーラーのホースが裂けていたのでホースを詰めて直していました。フィッティング直近で裂けていたのでホースは大丈夫でしたが、オイルがかなり減っていたようでエンジンブローしてしまって…たまたま予備エンジンを購入していたので載せ替えますよ。」と一大事だったことを知りました。

それでも「大会とは違いみなさん楽しく走られていましたし、来年はぜひ走行で参加したいですね。」と気持ちはすでに次のドリドレへ。こだわりのクルマづくりはスペックからも感じられますので、併せてご覧ください。

取材メモ
5月6日(土)鈴鹿ツインサーキットにて開催された「ドリドレ走」におじゃまし、写真を撮らせていただきました。走行枠とは別にある展示エリアで見つけて声をかけたのですが、前述のとおりドラブルの真っ最中。それなのに嫌な顔ひとつせず対応いただきありがたい限りです。クルマを動かすスペースもなく、雨も降りはじめ、可能な限りの撮影に。ぜひまた撮らせてくださいね。

▼ドリドレ走で撮影したクルマたち
憧れのUSDMシビックを実現! /HONDA CIVIC EK4
涼しい顔してアツいヤツ /NISSAN 180SX
リターンドリフターの魅せかた /NISSAN SKYLINE R34
走るだけじゃもの足りない! /NISSAN 180SX

MAKERニッサン
MODELスカイライン
TYPEHCR32
YEAR1989
COLORダークグリーン
WHEELワーク マイスターS1 F:9J±0(スペーサー13mm) R: 10J+15(スペーサー13mm)
TIREF:ピンソ 205/40R17 R: フルラン 215/40R17
SUSPENSIONフロント:サイクルフェンダー(自作)、フロントメンバー約2.5cm上げ加工、アッパーアーム(緑整備製調整式)、サードリンク(GTR用流用)、ナックル(R34用切れ角アップナックル)、ロアアーム(イケヤ製ピロアーム)、テンションロッド(カザマ製ピロテンションロッド)、ブレーキ(APP製300Φキット) リア:リアメンバー2cm上げ加工、アッパーアーム(t-demand製ピロアーム)、ナックル(車高調、ハイキャスロッド取り付け部3cm下げ加工)、ロアアーム(イケヤ製ピロアーム)、トラクションロッド(イケヤ製ピロアーム)、ハイキャス(緑整備製キャンセルロッド)、ブレーキ(純正キャリパー、スリットローター)
ENGINERB20→RB23へ載せ替え、RB26用サージタンク(アダプター自作)、タービン(TD06 L2 20G)、ラジエター(ARC製ワイド一層)、オイルクーラー(トラスト製)、RB26用パワーFCにて制御
INTERIOR11点式ロールバー(サイトウロールケージ)、運転席 フルバケ(メーカー不明、ケブラー製)、助手席 セミバケ(ブリッド)、追加メーター(Defi ADVANCE A1 水温、油温、油圧、燃圧)
EXTERIOR前2cm強、後3cm弱 アーチ上げ・叩きだし、純正エアロ

SHARE

TOP
×
CHANGE LANGUAGE