Tuesday, May 30 2017

走るように見えないクルマ /NISSAN SILVIA S14

「走るように見えないクルマ」がコンセプトのS14に乗るのは、オーナーの Works さん。その言葉にふさわしいエクステリアと華麗な走りとのギャップは、見る人の多くを驚かせました。

Works さんのお気に入りのひとつであるニスモのフロントバンパー。「外装はなるべくおとなしめにしました。本物にこだわって正解でした。」

助手席すら取り払われたインテリアは美しくかつハード。「奮発してシートをカーボンにしたのは意地です!」とすがすがしいほどの潔さ。

サイクルフェンダー化されたエンジンルームもまたポイントのひとつ。全体としても丁寧な作り込みとセンスの良さが輝くS14です。

取材メモ①
5月6日(土)に開催された「ドリドレ走」の参加車両です。北は北海道、南は鹿児島から選ばれしマシンたちが鈴鹿ツインサーキットに集結しました。

取材メモ②
WorksさんのS14は、ドリドレ走 カスタムインテリア部門を受賞しました。おめでとうございます!「漢のレーシングバケット1脚にformula D規格のスパルタン過ぎるロールバー!たまらんです。」(スタッフのアカウントより受賞理由を抜粋)

取材メモ③
ドリドレに参加した感想をWorksさんにお聞きしました。「第2回ドリドレ走に参加して以来、ドリドレのあの舞台の虜です!今年は鈴鹿ツインと規模が大きくなり、どんどん知名度が高いイベントになってきてるのは間違いないと思います。そんなドリドレに参加でき、賞までいただけたた事を光栄に思います!」

▼ドリドレ走で撮影したクルマたち

番長たる風格 /NISSAN SKYLINE HCR32
憧れのUSDMシビックを実現! /HONDA CIVIC EK4
リターンドリフターの魅せかた /NISSAN SKYLINE R34
ここまでできる 純正エアロの活かしかた /NISSAN SKYLINE HCR32
走るだけじゃもの足りない! /NISSAN 180SX

MAKERニッサン
MODELシルビア
TYPES14
YEAR1994
COLORグリニッシュブルー
WHEELレイズ TE37VSL 10.5J-25 2015ver.
TIREF:トーヨー T1R R:フェデラル SS595 215/40R17
SUSPENSIONGPスポーツ SUPER LOW、YURAMODE フロントロアアーム50mm延長、HPI テンションロッド、イケヤフォーミュラ タイロッド、リアアッパーアーム、トラクションロッド、リアロアアーム、メーカー不明 トーコン
ENGINEサイクルフェンダー化、グレッディ ブーストコントローラー ブーストアップ、アルトラックS4 エキマニ、MISHIMOTO アルミ電動ファン
INTERIORフィアット テックハウスグレー塗装、FORMULA DRIFT規格 ロールバー、チャージスピード カーボンダッシュカバー、ブリッド ガルディスⅢ カーボンアラミド、デフィ RS ブースト.水温.油温.油圧、ワンオフ アルミシフトノブ、ニスモ リアタワーバー
EXTERIORニスモ Fバンパー、Fグリル、NAVAN Sステップ、S14後期純正 Rバンパー、S14前期純正 Rアンダー、D.speed エアロボンネット、C-WEST トランクウィング、EAST BEAR エアロミラー、D-MAX ルーフスポイラー、EPR カーボンヘッドライトダクト、Fフェンダー叩き出し、チャージスピード Rブリスターフェンダー50mm

SHARE

TOP
×
CHANGE LANGUAGE