Wednesday, May 31 2017

もしもシルビアに○○○○があったら /NISSAN SILVIA S15

イベント中にスタッフさんから「ぜひ撮ってほしいシルビアがあります」と力のこもった推薦があり、取材をさせていただけることになりました。ますだーまん さんのS15は、”純正だけど純正じゃない”んです。

エクステリアは純正に見えるよう徹底的にこだわっていて「フェンダーとバンパーの繋がりや純正フェンダーに必ずあるミミのライン、ここは加工すると必ずなくなってしまう部分ですが、いかにも純正かのようにつくり直してます。」

カーボンボンネットを付けていますが、こちらも純正形状。歪みを取り、あえてウォッシャーノズルとエンブレムをつけました。

色は純正色にオールペンし、前後ともフェンダーは“加工してあるけど加工してない”ように見せています。「18インチを自然に履きこなせるようになり、街乗りからドリフトまで無理なく乗れるマルチな仕様になりました。」とまさに知恵の塊。

エクステリアからは一変、エンジンルームにはキャンディーグリーンにおしまゆ特製のサイクルフェンダーを採用。「でもハンドルを切った時にエンジンルームが見えるのがいやだったので、タイヤハウスは黒のチッピング塗装を施してあります。外からは一切わからないんですよ。」遊び心までも徹底的!

今回のコンセプトはGT-R。つまりスカイラインでいうところのGTSとGT-Rの関係を、シルビアで実現させてしまったということ。これには大いに納得しました。クオリティの高さにため息が出る“S15 spec.GT-R”です。

取材メモ①
5月6日(土)に開催された「ドリドレ走」の参加車両です。北は北海道、南は鹿児島から選ばれしマシンたちが鈴鹿ツインサーキットに集結しました。

▼ドリドレ走で撮影したクルマたち

番長たる風格 /NISSAN SKYLINE HCR32
憧れのUSDMシビックを実現! /HONDA CIVIC EK4
リターンドリフターの魅せかた /NISSAN SKYLINE R34
ここまでできる 純正エアロの活かしかた /NISSAN SKYLINE HCR32
走るように見えないクルマ /NISSAN SILVIA S14

MAKERニッサン
MODELシルビア
TYPES15
YEAR1998
COLORシルバー
WHEELSSR プロフェッサー SP1
TIRE F:ダンロップ ディレッツァDZ102 R:フェデラル SS595 RS-R
SUSPENSION326power チャクリキダンパー、326power 番長ナックル、Rメンバー おしまゆSPL、リアアーム3点 MAX、HPI 6速クロスミッション、ニスモスーパーカッパーミックス、ニスモGTLSD、前後33GT-Rブレンボキャリパー、前後VOINGローター
ENGINESR20DET、APEX カム IN EX260°、ヘッドガスケット 1.4mm、TD-06 25G 8cm、アルトラック エキマニ
INTERIORデフィアドバンス 7連メーター、HKS EVC6 ブーストコントローラー、ナルディクラシック 33パイ ディープコーン、ブリッドガイアス×2脚、サイトウロールケージ 7P
EXTERIOR純正オプションフルエアロ、バリス 純正形状カーボンボンネット、ガナドールミラー、Fフェンダー 叩き出し、R FRPフェンダースムージング&アーチ上げ加工、純正Rスポイラー2本足加工

SHARE

TOP
×
CHANGE LANGUAGE