Tuesday, September 12 2017

ハコスカの完成を待ちわびて /NISSAN SKYLINE KGC10

20年も放置されていたハコスカを4年半かけて復活させる…なんだか力が抜けそうなくらいのパワーワードですね。オーナーの宮﨑さんが乗りはじめてからは半年ほどになるそうです。

もともとはハチロク乗りの森さんが自分で乗るためにレストアをスタートさせたハコスカだそうですが、途中で宮﨑さんが譲り受けることになりました。とはいっても譲り受けた時点ではバラバラの状態で、引き続きレストアが進められていました。

レストアが長期に渡ったのは、週に一度しか作業できる日がなかったからだそう。他の6日間で1日分の作業計画を立てるのですが、鉄板むき出しの状態で放置できないため、サフェーサー処理(塗装の下地)までを計画に入れるのが大変だったそうです。

エンジンルームはスムージング、ワイヤータックですっきりと。ボディのスポット増しやフレーム追加なども施しています。

明るいグリーンが差し色とは少し珍しく、バランスのいい配色が印象に残ります。

レストアをした森さんが細かく記録を残していたそうで、あとでそれを見せていただくとあまりの量に驚きました。2000枚を超える写真、しかもプリントしてある状態できちんとファイルに入れられて、それがダンボール箱いっぱいに詰まっているのです。どのように直されたかをあとからしっかり確認することができるのは、オーナーとしてはかなり嬉しいことですね。

フルレストアの中で最も苦労したのはバックパネル部分。サビで原型を保っておらず、ほとんど作り直したそうです。

後ろからのスタイルが特にお気に入りの宮﨑さん、「理想のクルマに近づけるように日々進化させたいと思ってます」とカスタマイズの方はまだまだ終わりが見えないようです。

取材メモ
ハコスカやフェアレディZなどの旧車を中心に扱う専門ショップ RSスタートのスタッフである宮﨑さんにご協力いただきました。真夏の太陽が照りつけて旧車には優しくない一日でしたが、大きなトラブルなく撮影を終えられてホッとしました。ありがとうございました!

MAKERニッサン
MODELスカイライン
TYPEKGC10
YEAR1971
COLORシルバー
WHEELワーク CR01 F:8.5J R:10J
TIREブリヂストン RE01
SUSPENSIONRSスタート オーリンズ車高調/強化ロアアーム/強化タイロッド/強化テンションロッド/ブレンボライムグリーン塗装/リアキャンバーゼロ加工ロアアーム
ENGINEL28、ウェーバー45Φ、RSスタート タコ足45Φ6-1/マフラー
INTERIOR本革アルカンターラコンビに張り替え レカロ RS-G×2/リアシート/ダッシュパッド
EXTERIORRSスタート ドライカーボンボンネット/スーパーワイドオーバーフェンダー

SHARE

TOP
×
CHANGE LANGUAGE